忍者ブログ
  • 2017.03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/04/27 21:54 】 |
憲法さらに
本日、レポートの一回目に出した方が返ってきました!
添削者は前回と同じくM先生。

結果は前回より悪い「4」の評価(それでも嬉しいです!!)
相変わらずM先生は良いところと悪いところを細かく指導して
くださっており、なるほど、言われてみれば駄目な箇所が...
それとこれは刑法スクーリング前に出したやつでして..
これで明らかに好評価の得れる形式がどうなのか
証明されましたね..

しかし、僕は設問ごとに違うインストラクターの方に行くと
思ってたのですが、どうやら違うのでしょうか
それとも憲法のインストラクターの方が不足気味なんでしょうか

いずれにせよ
M先生の元にいったレポートの後に出したほうがすぐに返ってきて
先に出した方が後から来たということは
添削されるタイミングによって上から順番に見られてるのでしょうか
(いやいや、勝手な詮索はいけませんな!ちなみにいずれにせよM先生は
丁寧でわかりやすい指導にもかかわらず返却も早いです。今回もわずか
2週間ちょいですから)
なんか、抽選のプレゼントの応募のタイミングは締め切り直前の方が
確率高いみたいな
懸賞マニア的考察ですねコレ....(^^;)
PR
【2006/06/14 20:03 】 | 憲法 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
憲法1通返却
本日、憲法のレポートが返ってきました。
たぶん、2通目の方が返ってきましたね..
わずか、1週間での返却!(早すぎ)

で、結果はなんと!初の「5」の評価をゲットしましたっ!!
「丁寧によく考えた上で自分のものになった言葉が用いられています
文章全体の構成も、個々の文章の流れも良い。こなれた読みやすく
内容も理解しやすいレポートです」
と嬉しすぎて歯が浮きそうなコメントが書かれていました..

ちなみに「あえて欠点をいうなら」といくつか足りない部分を指導して
くださっており、レポートの部分部分にも赤文字で細かく訂正をしてくださってます
本当に嬉しいです。(添削者はM先生)
現役で通学の大学生になりたかったな~
と感慨にふけってしまった一日でした。

尚、今回のレポートは第3課題の政治家のプライバシーがらみ
でやや刑法的にあてはめるっと前回宣言していたやつでした

やっぱり、今までの抽象的な書き方よりも
こういう定型的な方が受けがいいんでしょうかねえ..
ともあれレポートの書き方を教えてくださった只木先生に感謝です。
【2006/06/12 22:01 】 | 憲法 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
憲法レポート2通目
憲法のレポート2通目ができました
設問3の政治家の家族のプライバシーの話を選んだのですが
いや~、参考資料が非常にたくさん必要でしたねえ

憲法はもともと条文が少ないかわりにいろいろな解釈の方法が
ありますからねえ
容易には論じれないです。

今回は刑法のような感じで事例に対し様々なバージョンを想定して
あてはめて論じてみました

ところで明日からいよいよ刑法の短期スクーリングに参加します
はじめてのスクーリングなのでちょっと楽しみですが
初試験も控えてますので、頑張らねば
【2006/06/01 22:55 】 | 憲法 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
憲法1通目終了!
憲法のレポート1通目を完成させました!!
いや~、さきに民法を全部終わらそうかとも思ったのですが
法人の内容があまりに大変だったもので逃避行動をとってしましました..

でも、第一課題ですよ!
つまり、こちらも法人関係です。
ただでは転ばないようにしました!
しかも、こちらのレポートには丁度、民法の法人の知識が
役に立つ内容でしたので
結果的には上々です。

憲法は他の課題を見ていてもやはり「人権」がとても大切ですね
レポートもしつこいくらい人権について言及しました
それと、ともかく判例と条文の解釈が命なので
教科書及びほか参考書に書いてある解釈を一生懸命理解するのが
近道ですねえ
【2006/05/24 18:53 】 | 憲法 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

忍者ブログ [PR]