忍者ブログ
  • 2017.07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/20 00:02 】 |
レポート行き詰る
刑法の総論の次のレポートを書くべく
勉強を続けていますが、設問2以降はどれも
具体的な事例の問題です。

ということは、実際に登場人物それぞれに、犯罪になるのか
ならないのか、なるならどんな罪か
さらにその具体的根拠は?

などという事を書かなくてはなりません
当然、こうなると刑法の総論の内容は全体的にモノに
しておかねばなりませんが、僕がひっかかているのは
膨大な学説の対立です。

司法試験の学習や判例を押える場合は
いわゆる通説を理解し、あてはめていけばいいんでしょうけど
大学のレポートとなるとそうもいかないでしょうし
ましてや、教科書の執筆者と自分の考えが違うならば
教科書の説に対しての批判(それも説得力のある)
を考えなければならず

同じならば、教科書のまる写しと勘違いされないように
著者とはまた違ったアプローチで肯定しなくてはなりません

いずれにしても
ただ単に事例に対して法を当てはめて解釈するのでは
駄目かと思われます。

しかし、こうなると生半可な読み込みでは
説得力のある見解ができないのでありまして
見事、レポート作成の手は止まってしまいました..

仕方ないので学習の手引きに従って
別の著書の刑法本を購入することにしました
PR
【2006/04/14 02:34 】 | 刑法 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<2問目終了 | ホーム | ガイダンス>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]